ロゴストロンユーザーが集う社交の場

menu

ロゴスミーティング

2017年12月のロゴスミーティングに参加したMさんから感想を頂きました。
Mさん、貴重なシェアありがとうございます!

「どんな構文を書くのが最適なのかクリアになった!」

ロゴストロンをより最適に使える方法を知りたいと思い参加しました。

自分が本当に実現したいことが思ったように実現せず、同時に何か現実化をブロックしているものがあることを感じていました。それが何なのか知りたいと思っていたところ、参加者のみなさんのシェアによって気づくことができました。それに気づいた瞬間に、ものすごく気持ちがスッキリできました。そして、それをもとにどんな構文を書くのが最適なのかがクリアになりました。

ロゴスミーティングは、ひとりひとりがアウトプットできる「場」が一番いいところだと思います。そのために、おもに司会者と守り人が、何でも話しやすい場づくりをしてくださっていると感じました。

ロゴストロンの効果をもっと感じたいと思っている方にロゴスミーティングをお勧めしたいです。

人によって効果はさまざまで、実感もさまざまだと思います。しかし「効果をもっと感じたい」と思っている方は、何かしら現状の効果が望んだものではないと思います。そのような方には、ロゴスミーティングに参加することで、より効果や意識進化を実感できると思います。

その理由は、ロゴスミーティングに参加することで、インプットとアウトプットの「統合」ができるからです。

これまでロゴストロンユーザーの多くは、インプット中心の取り組みだったように思います。しかし、ロゴスミーティングでは、ロゴストロンおよび意識進化について自分発信でアウトプットすることが中心になります。

アウトプットによって“気づき”が促されます。もちろん、他の参加者のアウトプットをインプットすることによる気づきもあります。しかしロゴスミーティングは、原則的にアウトプットの場だと思います。

アウトプットの場によって、今までロゴストロンによる効果がもたらされていたことに気づくことがあると思います。また、望んだ効果を得るための「キーログ」に気づくこともできると思います。

ちなみにロゴスミーティングの空間は、誰でも何でも話して(アウトプット)いい雰囲気が形成されていました(これは、ホントにスゴいことだと思いました)。

そのような、インプットとアウトプットの統合が起きることで、意識進化および最適な現実化がもたらされることを確信しました。
(Mさん)

 

「インプットとアウトプットの統合」、まさにこれがロゴストロンの効果を知るための近道なのかもしれませんね。

 

関連記事

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/7/24放送 ロゴストロン活用の10ステージ

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/6/28放送 ロゴストロン活用の10ステージ

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/5/24放送 ロゴストロン活用6つのタイプ!

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/4/16放送 ロゴスミーティング、ロゴスクリアリング近況報告(ゲスト:菅野康幸)

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/3/13放送 ロゴスミーティング、ロゴスクリアリング近況報告

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/2/6放送 キーログってなに?

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/1/17放送 ロゴスクリアリング概要

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2017/12/7放送 ロゴスミーティングとは?