ロゴストロンユーザーが集う社交の場

menu

logosmeeting

第22回 東京ロゴスミーティングを開催しました。

2017年12月16日に年内最後の東京ロミーティングを開催しました。

ご参加者が5名と少人数であったことに加え5名中3名がリピーターということもあり、スタートから場が整い終始アットホームな雰囲気の中進んで行きました。

参加者の多くがロゴストロンの効果に対する疑問や不安を感じており、その解決方法を知りたいという思いが強かったようですが、シェアを重ねていく中で、効果や変化は自身の捉え方が大きく影響していることに気づけたようでした。

ロゴストロンユーザーの他、今後ロゴストロン機器のご購入をご検討されているアメノシズクユーザー様にもご参加いただきました。

今回テーマとなったのは以下の項目です。

話題、テーマ

・ロゴストロン購入前のユーザーの生の声を聞きたい
・ロゴストロンの効果を感じたい
・他人を変えたいが変わらない
・願望の裏にある欠乏感
・情緒語の網羅

これらのテーマに関して参加者がそれぞれの想いや体験談をシェアしました。

大きなテーマとしては「他人を変えたいがなかなか変わらない…」という内容が参加者で意見交換され、その答えを掴んだようでした。

その他にも以下のような内容がシェアされ、様々な気づきが生まれました。

シェア内容・気づき

・購入検討者:自分の直感を信じて大黒柱を買いたい
・効果を感じるために色々実験をして行きたい
・効果を感じたいという想いをクリアリングしてその裏側にある意志を確認したい
・ロゴストロンを使って願望を実現したいと頑張ってきたが、いつになっても変わらないため正直疲れてしまった。しかし皆さんのシェアを聞き、実は執着を手放せて来ていることに気づけた。今後は改めてロゴストロンを使って自分と向き合って行きたい。
・願望の裏側にある本当の想いをクリアリングして行きたい
・ロゴストロンや白川を学んだことで当初思ってもいなかった現象が起き(家族関係の改善)実はこれが自分の望んでいたことだったんだと改めて気づけた。
・感情を俯瞰できるようになり、なんと人生は味わい深いのだろうと思えるようになった。ロゴストロンなしではここまではなれなかった。
・目の前の現象(経済的問題、仕事の課題など)は何も変わらないが、自分の捉え方が変わったことで見える世界が変わった。
・他人の問題もすべては自分の捉え方なんだと気づけたため、他人を変えたいという執着を手放そうと思った。
・ロゴストロンが何かをしてくれるのではなく、あくまでも自分が主体であると改めて感じた。

 

ぜひあなたも

・何を話しても受け入れられる安心安全の場

・ロゴストロン機器への理解と信頼を深める場

・ユーザーの意識進化をサポートする場

そんな場であるロゴスミーティングにご参加頂き、お互いに意識進化を加速させましょう!

次回以降のロゴスミーティングの開催予定は以下になります。

>>ロゴスミーティング開催スケジュール

 

関連記事

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/7/24放送 ロゴストロン活用の10ステージ

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/6/28放送 ロゴストロン活用の10ステージ

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/5/24放送 ロゴストロン活用6つのタイプ!

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/4/16放送 ロゴスミーティング、ロゴスクリアリング近況報告(ゲスト:菅野康幸)

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/3/13放送 ロゴスミーティング、ロゴスクリアリング近況報告

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/2/6放送 キーログってなに?

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2018/1/17放送 ロゴスクリアリング概要

ロゴサポ月例会ロゴスミーティング編2017/12/7放送 ロゴスミーティングとは?